地域猫活動現場からの声

「地域猫活動」や野良猫の保護等を行ったことのあるかたの、体験談をご紹介いたします。

また、こちらのコーナーに掲載させていただける体験談やメッセージも随時募集しております。

初回にご紹介するのは、本土で地域猫活動をされているかたおかきょうこさんの河原に住む猫たちとの心の交流を描いた心温まる“河原猫の日記”です。

この心打つ日記は、ケルビム代表(中村)がかたおかさんを知るきっかけとなるMLに投稿されたものでした。本人より承諾を得て、掲載させていただくことといたしました。

Page Top

「河原猫の死」(2002/07/01)

河原の餌場で、こうちゃんが冷たくなって横たわっていました。
昨日まで毎日元気に姿を見せていた子です。
何があったのか見当も付きません。
猫めくりカレンダーの10/24と12/23日に登場する可愛い三毛です。

2年前の八月、三毛3姉妹がよちよち餌場に現れるようになりました。
警戒心が強くなかなか慣れてくれなくて、生後半年の頃(翌年1月)やっと手術しました。
その後懐いてくれたあまえんぼうのミィちゃんは里子に出ましたが、姉妹2匹は河原に残りました。
一度も心を開いて甘えてくれたことはありません。
ミルクが大好きで、ご飯もドライが好きで、みんなに缶詰フードを配るのをじっと見ていて、ミルクがでてくるのを待つ子でした。
猫ミルクをいれた小鉢が自分の前にそっと置かれると、静かに飲んで消える子でした。
2歳に満たないはかない生涯でした。

ひどい傷などは見あたらず、考えられるのは「毒」ですが、餌場を一緒にしているみんなが無事ですから、他の場所で何かあって、餌場まで来て亡くなったとしか思えません。
原因を確かめるべきかと迷いましたが、迷った末、埋葬しました。

今後、元気だった子にこのようなことがあったら、獣医さんへ運んで調べてもらおうと思います。

さようならこうちゃん

「河原猫の死」(2002/07/02)

昨日亡くなったこうちゃんの事悼んで下さったみなさま、ほんとうにありがとう
なんとも悲しく、無力感に襲われ、体の芯に力が入らずにいましたがまた今日が始まりました。

これからもこうした場面を経験していかねばならないのですから覚悟はしっかり持っていようと、気持が引き締まりました。

外でいきる猫に関わると、何をしてあげても十分と思えることはなく不憫でならないのが正直な思いです。
私たちには素晴らしい季節の巡りも、ときに猫たちには「過酷な」暑さ寒さ埃と風と、雨と雷。

毛皮に包まれた体一つで越えて行くほか無いのです。
「自立支援」、より、「救出」したい。そのタイミングが訪れぬまま、救出してあげたかった場所のなかで生涯を閉じて逝く子たち・・・

冬毛が抜けてすっきりした、ではなく、痩せた、猫が数匹います。
消えた黒猫ママに代わって子どもたちを育てた黒叔父さんが痩せました。
子どもたちも今は元気に食べ、遊んでいますが、叔父さんと同様です。
この兄妹の中で唯一健康優良児だった「コミケ」ちゃんが、やせっぽちになった叔父さんにぴったりと寄り添っていた日、
コミケちゃんは叔父さんよりこんなに大きくなったと驚きましたが、その後2週間、コミケがいません。
まるであの日の2ショットがお別れの儀式みたいにどこからもでてこなくなりました。
いつものように大騒ぎのご飯タイムが終わって落ちついた頃、ほっと一息。
猫舎の屋根の上で、黒叔父さんと1歳に育ったコミケの兄ちゃんキジ猫とが体を寄せ合ってお互いを一生懸命舐めており、なんだか涙が出ました。
なんて美しいのだろうかと思いました。美しく儚く感じました。

こうちゃんをみつけたのは、こうした事があった後だったのです。

文章:かたおかきょうこ

Page Top

地域猫活動お問い合わせ先

このページをご覧になって地域猫活動に参加しようと思う方はケルビムまでどうぞご連絡ください。

安価で避妊去勢手術ができる動物病院のご紹介ができますので、ぜひご相談ください。

ケルビム事務局 TEL:098-988-6128 携帯:090-9478-8152 へお問い合わせください。

地域猫活動お役立ち情報<<  >> ケルビムの活動トップ

Page Top