子犬を迎えたら

囲いを作ってあげましょう

初めてあなたの家に連れて来られた子犬は、恐れや不安でいっぱい。家に着くまでの移動だけでもクタクタです。

まず室内に毛布やタオルなどを敷いた囲い(クレートやサークルがあればなお良い)を作り、その中に子犬を入れます。

囲いの中にはこぼしにくい容器にいれた水を用意しましょう。

子犬に必要以上触れることなく、そばに付き添い、しばらくそっと休ませてあげて下さい。

室内においてあげましょう

後々には庭で飼う予定があっても、来てすぐ庭に出されてひとりぼっちにされると、子犬は大変不安になり泣き叫びます。

家になれるまでは、必ず室内で飼育してください。

それでも3日位は夜泣きするコが多いのですが、不安を解消してあげればなきませんので、必ず新しい家族がいる近くに子犬の囲いを持ってきてあげて下さい。

夜寝る時には、これからいつも子犬の世話をする人のベットサイドに子犬の囲いをおき、なきそうになったらやさしく声をかけるか囲いをトントンとたたいて「新しい家族がここにいるよ」と、教えて安心させてください。

なかれる度にそばにいかないように

子犬がなく度におやつを持っていったり抱っこをしに人がそばに行くのはよくありません。

これを続けていると、子犬は「呼べば人が来てくれる」と思ってしまい、いつまでたってもなきやみません。

静かに休ませてあげましょう

親や兄弟と離れ突然見知らぬ環境に連れて来られた子犬を元気づけてあげるためには、あふれんばかりの愛情と細かな配慮が必要です。

普通子犬が新しい環境になれるまでに約2週間かかりますので、その間は騒音、見知らぬ訪問者、騒がしい子供などは、しばらくの間子犬に近づけないようにしてください。

慣れるまでは叱らないように

初めて家に来た日に、たとえ子犬がいたずらをしたり過ちを犯したりしても、罰したり荒々しい口調で叱ったりしてはいけません。

この時点で叱ると、あなたや新しい家族に対し恐怖心を抱いてしまいます。

徐々に他人に会わせましょう

子犬が新しい家や家族に慣れ親しんだら、家族のだんらんに参加させたり、となりの人に会わせたりと、徐々に他人に会わせていきましょう。

また、初年度2回の混合ワンチンの接種が終わって散歩に出られるようになったら、どんどん他の人や犬にも会わせていきましょう。

子犬は他の人や犬を恐がらないフレンドリーな性格になり、だれからもかわいがられるコに育ちます。

ワンちゃんと暮らすトップ << >> 専用スペース

Page Top