病気の予防

人間は恐い病気になるのを未然に防ぐために、「ワクチン接種」や「定期検診」など色々な病気の予防をしています。犬も同じと考えてあげて下さい。犬も病気になると苦しみますし、病気になってからでは獣医代も高くつきます。

犬の伝染病でよく知られているものにジステンパーやパルボがありますが、これらの病気には現在特効薬がないため、入院して抗生物質などの点滴をしながら安静にするという治療をします。体力勝負になるので体力のない子犬から死んでいきます。

このような恐い伝染病は、散歩時に落ちているウンコ・オシッコなどの排泄物や吐瀉物からウィルスが移ることが多いので、初年度2回する混合ワクチン接種を終えてからでないと、散歩には連れ出せません。

ウィルスは肉眼では見えないため、人間が身体に付けて入ってきたり、風に乗って入ってきたりすることもあるので、「室内飼育だから大丈夫」とは言えません。まず、恐い伝染病にかからないように「混合ワクチン」を動物病院で接種してもらいましょう。

また、蚊が媒介して心臓に虫がわく「フィラリア症」も、毎月1回薬を飲ますことで予防できます。避妊去勢手術も年をとってからなる病気の予防として考えて下さい。

生後1ヶ月頃<検便と駆虫>

子犬をもらったら早めに検便して下さい。もらう前に検便しているコでも再検便した方が無難です。

腸管内寄生虫(回虫・条虫など)は人間にも感染することがあるので要注意。

生後2~3ヶ月の間<混合ワクチン接種>

子犬をもらって2週間位で1回目のワクチン接種をして下さい。

その3週間~1ヶ月後<混合ワクチンの追加接種>

通常は初年度2回の接種ですが、免疫を確実なものにするため3回接種を行う場合もあります。

次年度からは毎年1回の接種をします。

生後3ヶ月頃<登録・鑑札の交付>

各市町村役場の犬の係で3月以外一年中受け付けています。

狂犬病予防法により、子犬が生後3ヶ月になったら(または生後3ヶ月以上の子犬を飼った場合飼って2週間したら)生涯1回必ず登録しなければいけません。

住所が他の市町村に変わった場合は、変わった先の市町村役場で登録の変更をして下さい。

生後3ヶ月頃<狂犬病予防ワクチン接種>

毎年1回、4~6月の間に市町村の公民館や学校などで受けて下さい。

混合ワクチンの接種をしている期間中や犬の体調が思わしくない時と重なった場合は、かかりつけの動物病院に相談して下さい。

地域の集合接種が受けられない場合、動物病院で接種をし、その証明書を持って各市町村役場に届け出ることもできます。

Page Top

生後3ヶ月頃<フィラリア症(犬糸条虫症)予防薬投与>

蚊がフィラリアの陽性犬(フィラリアをもっている犬)から血を吸う際に血の中に流れているフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を吸い上げ、他の犬を刺すと感染します。

フィラリアの成虫はそうめん状で、これが心臓内に何匹も寄生するため、6~7才で早死にしてしまいます。

感染した犬の主な症状としては、セキをよくする、運動ができない、元気がない、腹水がたまっているなどです。これは内服の予防薬を投与することによって感染を防ぐことができます。

沖縄では年中蚊が発生するため、毎月欠かさず予防薬を与える必要があります。

~内服薬の与え方~

お皿に大好きな缶詰のフードを少量盛り、その中に内服薬を混ぜ込み、食事の前に与えます。

薬入りの缶詰フードを食べ終えたのを見届けてから、普段食べているフードを与えないと、フードだけ食べて薬が残ったりするので注意して下さい。

他には針をとった注射器で口に流し込む方法や、薬を練って上あごに塗り付ける方法など色々ありますので、詳しくは動物病院にご相談下さい。

生後6ヶ月頃<避妊去勢手術>

メスで6ヶ月頃避妊(子宮卵巣全摘出)、オスも6ヶ月頃去勢手術を行います。

「避妊去勢手術はかわいそう」「自然のままが一番」といった意見があるのも事実です。しかし、望まれずに生まれる子犬は捨てられたり、殺処分されたりと悲しい結果にしかなりません。

また、偶発的な妊娠を避けるため、完全に異性との接触を遮断することができたとしても、その自然な本能である発情や生殖、メスを追うオスの習性まで抑えることはできません。そのため、むやみにストレスを与えることにもなります。

避妊去勢手術は望まぬ子犬を増やさない目的以外に、健康面や行動・性格面でプラスとなる効果もありますので、平均寿命も3年延びます。

個々によって若干の違いはありますが、早いものでは5~6ヶ月を過ぎると性の成熟が見られますので、かかりつけの動物病院に相談して、早めに手術の予約をしておきましょう。

*去勢による効果

健康面では、前立腺の病気や精巣・肛門周辺の腫瘍、会陰ヘルニアの予防になる。

行動・性格面では、攻撃性が低下し尿のマーキングも減る。性格が穏やかになり、しつけもしやすくなる。

*避妊による効果

健康面では、望まない妊娠を防ぐことができ、子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍、鼠径ヘルニアなどの予防になる。

行動・性格面では、発情の煩わしさが解消され、出血がなくなる。雄犬も寄ってこなくなる。

その他(沖縄の気候)

沖縄は日本で唯一の亜熱帯性気候ですので年中暑い日が多くあります。熱射病は死亡率の高い恐い病気ですので、事故が起こらないように気を付けて下さい。

熱射病を予防するために、日中は散歩に出さないようにして下さい。犬は日中ほんの10分歩いただけでも熱射病にかかり死亡することがよくあります。

そもそも犬は寒い地方の動物ですから、足の裏からどんとん熱を吸収するようにできています。散歩は、朝の涼しい時間か、夜の地熱が引いてからの時間が適しています。

食事 << >> お手入れ

Page Top